ネットで密かに売れている 離婚のマニュアル 圧倒的有利に離婚する方法

離婚を考えている方へ

結婚している方なら、一度は「離婚」を思い浮かべた事があるのではないでしょうか。離婚したいという気持ちを抱えたまま日々を暮らすことは精神的にもとても厳しいものです。

離婚したいと思う原因はどこにあるのか、客観的、理論的に一度気持ちを整理してみると良いと思います。
しかし、渦中にいる自分自身だけで客観的に現実を分析するのはとても難しいことです。
離婚したいという気持ちを長く持ち続けている人なら余計に、気づかないまま精神的に弱っているかもしれません。

周囲に相談出来る人がいれば、まずは自分の置かれている状況や率直な気持ちを聞いてもらうことがきっかけともなります。
それが離婚したいという気持ちに肯定的でも否定的でも、反応を鵜呑みにするのではなく、誰かに話すことで自分自身の思いや状況を再確認するために聞いてもらうのです。

もし、お子様がいらっしゃるならなおさら離婚は難しい問題でしょう。
子供の気持ちやこれからの将来について考えると不安や心配ごとが沢山あると思います。

離婚したいと思っていても、いざ離婚に踏み切るには事前にしなくてはならないことは沢山あり、時間も気力も体力も必要です。

婚姻状態を続けられない原因があなた自身にある場合は、慰謝料を払わなければならない状況に追い込まれない様に段取りを踏まなければなりません。
逆に、離婚したいと思った原因がパートナーにある場合で慰謝料を貰いたいと思っているなら法的に通用する証拠が必要となります。

インターネットでも様々な情報収集が可能ですので、まずはあなたの離婚ケースには何を準備すべきかを調べることから始めましょう。


生活パターンの違いによる嫁姑問題

嫁姑間では、世代の違いが引き起こすトラブルもあります。特に同居していると、生活パターンの違いで不愉快な思いをすることも少なくありません。
一般的に年配者は早寝早起きで、それに対して若い世代は、夜遅くまでおしゃべりをしたり、テレビなどを観ています。特に共働きの若夫婦であれば、遅い時間まで動き回っていることでしょう。
そうなると、親にしてみると息子夫婦がうるさくて眠れないなどと、文句も言いたくなります。一方、息子やその嫁は、二人で過ごすのは遅い時間でなければ無理だと反論することになります。
また、食事に関して、若い夫婦は外食も楽しみの一つですが、年配者にとってはあまり良いイメージがありません。栄養バランスが気になる、コレステロールが高いなどと言われると、嫁としては出かけづらくなるでしょう。
親と息子は実の親子なので、多少の言い合いも大きなトラブルにはなりませんが、嫁姑の関係で文句を言われるとストレスの原因になります。そしてやがては嫁姑間のトラブルへと発展する可能性もあります。
このような世代による生活パターンの違いは、どちらかが相手方に合わせるのは難しいものです。そこで大切なのは、お互いの生活を尊重しながら、自分たちの生活パターンを守っていくことです。
これはちょっとした思いやりや工夫で実現できます。例えば、息子夫婦は夜にテレビを観る場合にはヘッドホンを使ったり、あまり遅い時間には観るのをやめるなどの配慮をしましょう。親の方も、息子夫婦に干渉し過ぎないように心がけ、外食も夫婦のコミュニケーションと捉えて寛大な気持ちを持つことが大切です。

お互いの長所を認めて嫁姑トラブル回避

自分たちが「嫁姑」という立場になった場合、「これから大変だ」と感じる人が多いことでしょう。たしかに、それまでは他人だった者同士が親子関係になるわけですし、もしも同居であれば常に一緒にいることになるので、楽ではありません。
しかし、嫁姑関係や同居が大変だと感じる気持ちの中には、多少の先入観も混じっているのではないでしょうか。嫁姑というと世間的にはあまり良いイメージがないので、実際の自分の相手をきちんと見ることなく、決めつけてしまっていることも少なくありません。
そのような先入観があると、ほんの小さなことでも敏感に反応しがちで、心を開いて理解し合うのがますます難しくなります。そして、お互いを知る前に、すでに嫁姑関係が悪くなっていきます。
嫁姑が良い関係を築くためには、まずは先入観を捨てること、そしてお互いの長所を見つける努力をすることが大切です。素直な気持ちで相手を見れば、必ずその人の長所が見えてくるはずです。
一見、口うるさく感じる姑でも、それは様々なことをよく知っているからだと考えることもできます。嫁にしてみれば人生の先輩から世の中の常識やマナーを教えてもらうチャンスではないでしょうか。
嫁姑関係については、世間一般では「嫁いびり」「嫁姑のバトル」などのマイナス面ばかりが、面白おかしく強調されがちです。それらに捉われていると、自分たちの本質が見えなくなってしまいます。自分の目で相手を見極めることを心がけましょう。

常識の捉え方の違いが生む嫁姑問題

結婚をするということは、夫となる男性だけではなく、その家族とも人生を共にしていくことを意味します。本人同士は結婚までにお互いの理解を深めているとしても、家族とは、そう簡単には噛み合わない可能性もあります。
時には結婚式の前に、考え方などの違いをめぐって親同士も含めて揉めてしまったりもします。その結果、結婚を取り止めるという最悪の事態になることもあります。
それぞれの家には、それぞれのしきたりや家風があるので、そこに他人が入って上手くやっていくのは、とても大変です。さらに姑が嫁に対して、その家のやり方を押しつけることも少なくありません。
嫁は嫁で、自分が生家で慣れ親しんだしきたりなどを急に変えるのは大変ですし、場合によっては自分の意に沿わないせいで不満を抱くこともあります。このような状況が積み重なると、やがて嫁姑間でいさかいが起きてしまいます。
特に同居の場合には常に顔を合わせることになるので、深刻な嫁姑問題に発展してしまいます。姑の中には、家のしきたりに合わせようとしない悪い嫁だと、自分の身近な人に悪口を言う人までいます。
嫁姑問題もそこまで発展してしまうと、夫婦関係にも影響してきます。嫁のストレスが溜まって夫との仲も悪くなり、中には離婚に至ることもあります。
それぞれの家族の常識やしきたりは、どちらかが正しいと判断できるものではありません。お互いの考えを、できるだけ理解するように皆が努力をすることが大切です。

TOPPAGE  TOP 

[PR]外貨両替|手数料を最安値に抑える方法
長寿遺伝子